ウエアハウスより毎年好評のフランネルシャツが入荷しました。
1995年の創業以来、生産を続けているネルシャツの生地は、日本では限られた地域にしか残っていない旧式の力織機を使用して製作されています。
力織機では1日に限られた枚数しか生地を生産することが出来ず、熟練した職人の技も必要になりますが、ウエアハウスでは糸の風合いを殺さない旧式織機が自らが理想とするフランネルに一番近いということで非効率ではありますが今でも使い続けています。
経糸が3本、緯糸に2本の糸を引き揃えて織られた生地は、立体感のある織柄と、厚手なのに柔らかいという特徴が生まれ、生地の裏を起毛機と呼ばれるこれもまた現存数の少ない希少な機械を使って処理することで、暖かく、経年変化と共に毛足がまとまり良質なヴィンテージフランネルのような表情を楽しむことができます。
他にも襟の柄の出方まで左右対称で作る贅沢な生地使いや、縫製の難しい胸のラウンドポケット、両脇の裾にある耳付きのマチなど大量生産には向かない仕様が詰まったウエアハウスらしいこだわりの一枚です。